故障や古い給湯器の交換経験はありませんか?

当サイトでは、故障した給湯器や古くなった給湯器を交換した体験談を掲載しています。

給湯器が壊れたり調子が悪いと、お水がお湯にならなかったり、温度が安定せずに突然お湯からお水に変わる等の症状が起こります。また、給湯器本体に影響が起きる事もあります。例えば、給湯器本体から変な音が聞こえたり、配管や本体内部で水漏れが起きたり、黒い煙が出る等の症状があります。

この様な症状が現れた際は、お使いの給湯器メーカーに修理を依頼するか、給湯器の交換業者に新品の給湯器に付け替えてもらいましょう。また、給湯器の故障で交換するだけでなく、耐用年数が10年程度とされていますので長年ご使用になっている場合は壊れる前に交換する事をお勧めします。

給湯器の交換は決して安い買い物ではありません。幾つかの交換業者に見積りを出してもらって納得のいく業者に依頼する事をお勧めします。

給湯器を交換する際に発生する料金には、給湯器の本体代やリモコン代の他、取り付け取外し作業費や出張料がかかる業者もあります。本体代が安いからと言って総額が安いとは限りません。しっかりと見積りを行ってもらってから依頼するようにしましょう。